川口 ふじこ 茅ヶ崎をアップデート

掲載中!タウンN茅ヶ崎版

3月24日版のタウンニュース茅ヶ崎版に掲載中です。是非ご覧ください。

変えられるのは、新しいチカラ。茅ヶ崎をアップデート!
川口 ふじこ

川口ふじこ 茅ヶ崎をアップデート kawaguchifujiko.info

 茅ヶ崎市の財政難の中で、限られた市財源の使い道の優先順位はハコモノをはじめとしたハード面ではなく、ソフト面の充実化。市民生活に直結したソフト面の施策を最優先にアップデート(更新)していくべきだと考えます。「市税の使い道を考えなおしてほしい」「中学校給食の実現」「学童や預かり保育開所時間の変更」「ごみ戸別収集」等の要望が市民集会や自治会を通して沢山聞こえています。ここ数年の転入者の増加をみても、これからの茅ヶ崎市政には新しいチカラが必要です。会社経営20年、地域ボランティア活動や留学経験を活かし、50歳という世代のど真ん中から市民ニーズを的確に捉えたまちづくりの実現を目指してまいります。

・・・という記事が掲載されています。私が書いたものですが文字制限があるので、主張したいことを凝縮しました。
この文章での内容も細かく紐解けばあと100行くらいいってしまいそうです。
あ!写真も今の顔になっています。サイトのトップの顔も差し替えねば。。。

さて、茅ヶ崎市も4月から組織改変されましたね。

今回の組織改変では、「事業の効率化」「市民サービスの向上」「コスト意識の徹底」の3点を重視したということです。
方針は良いですね!市民サービスやコスト意識の徹底の重視!これ大事です。改変自体は13年ぶりということです。
ただ、ここでいう市の”市民サービス”とは住民票の異動や届け出、手続きの煩わしさを便利に集約して対応する、効率化ということですので、私の言う「市民サービス」はもっとこうしてほしい!という地域住民が要望していることだから、ちょっと意味合いの違うことですが。改変自体は前向きにとらえて良いことですね。

茅ヶ崎をどんどんアップデートですよ!

※川口ふじこについての記事はこちら(タウンニュース茅ヶ崎版)

※組織改変についての記事はこちら(タウンニュース茅ヶ崎版)

Continue reading...

3月も出会いがいっぱい

 茅ヶ崎をアップデートが気になってチラシを受け取ってくれた方が最近当サイトのフォームからメッセージを送ってくださったり、また、FAXで後援会入会の申し込みをくださったり、市内の様々なところからのアクセスが増えて嬉しいなーと思う今日この頃。
また、意見要望フォームからも同じ子育て世代のママさんからご要望やお悩みを受信したりと3月入って間もなくの時期、早速たくさんの出会いがあります。

3日は2021年「助け未来21」を設立し、虐待やトラウマを抱える方の相談、関連イベント、講習会など積極的に活動されている市内在住の 西かほりさんと実際にお話しする機会がありました。

子どものときに受けた虐待の影響で、社会に出てからもうまくコミュニケーションがとれないなど、心の傷に苦しむ人たちがいるという現状をもっと多くの人に知ってもらい、優しい街になることを期待します。自治体がこうした周知活動等にはまだ積極的に着手する段階にないのが残念ですが、知ってもらうというきっかけを通して何か今後一緒にできないか、といろいろと話を伺いました。

私も虐待について考えさせられた時間でした。<親>の教えが絶対、家長という立ち位置などの風潮が消えない間は<親>の絶対的な権力が揺らぐこともない。それに干渉する世話焼きな世間も今はまったくない。子どもが親に対して何を感じようと親は無関心を装えるし、世間に助けを求めることもできない幼い間は親のご機嫌だけを気にし、トラウマを抱えながら生きていく。

タウンニュースから引用すれば、
【西さんが「会を作った一番の理由は泣いてもいい場所を作りたかったから」。決まった形はなく、「話したくなければ話さなくていい。ふたをした感情を少しずつ出せる場にしたい」という。「虐待がつけた心の傷で、生きづらさを抱えている人を孤独にさせたくない。力になれば」と話した。】

周知活動やイベント開催を通してもっと具体的に活動をアップデートできればとも話していました。今後の展開について川口もサポートができればと感じた一日でした。ありがとうございました。

タウンニュース 助け未来21 西かほり
川口 ふじこ 虐待の傷話し合える場
タウンニュース茅ヶ崎版より

Continue reading...

松林タイムス年次版の紙面編集~~

松林地区にお住まいの方であれば、ご存知の方が多いと思いますが、私の所属する松林地区まちぢから協議会の【広報部会】では、年に3~4回「松林タイムス」という地域新聞を発行します。

松林地区内全戸配布を建前としています。
見たことがない?という方は、松林地区まちぢから協議会の広報部会のページや発行されると公民館などに置いてあったりしますし、自治会にもあるので是非読んでください。松林地区のエリア情報や活動報告、主催事業、各自治会からのお知らせや今後のイベントなどの予定など、回覧板とはまた違ったエリア全体の情報が網羅されております。

3月31日発行の松林タイムスの取材や執筆依頼も完了し、いよいよ今週末から私は紙面編集に入ります。
お楽しみに。

松林地区まちぢから協議会 広報部会発行 松林タイムス 誌面編集 川口ふじこ
Continue reading...

2月前半も駅頭ご挨拶

2月の前半も駅頭活動にてご挨拶させていただきました。
励ましのお言葉もいただき本当にありがとうございます。「新しいのは出来た?」のお声も複数頂き、今週中に政策ピックアップビラ第3、第4バージョンができます。

また、高齢者の先輩方からは「アップデートって何?」や「私たちの世代については何か考えているの?」というお話もいただきます。第3、第4ビラにも掲載しますが、
高齢者の社会参画の機会の提供や環境の整備、周知機会の徹底を図っていきたいと思っています。
高齢者等にやさしい住まいづくり、まちづくり、交通機関、道路交通環境など高齢者等が自立しやすい地域基盤の整備を推進し、さまざまな形で充実した生活を実現できるよう、整備、更新(アップデート)を行いたいと。

特に高齢者等の移動手段確保は重要な課題で、現行の施策もアップデートが必要です。

茅ケ崎市では平成25年12月21日から、原則小出地区限定で運行しているバスです。バスは1台で回しています。いわゆる「デマンド交通」というもので、細い道を運行できないコミュニティバスえぼし号を補完するために、8人乗りのワゴン車両で運行しているバスです。ただ小出地区限定となっているので利用者は限定されます。今後運航エリアを拡大して2台、3台と増設していくことが望ましいと考えられます。

デマンド交通の運行方式としては、定路線型をベースに、予約に応じて所定のバス停等まで迂回させるエリアデマンド運行方式を提言します。バス停等まで遠い地域に迂回ルートを設定することにより、公共交通空白地域の解消を図ることができます。こうしたアップデートも必要な政策です。


新たなバージョンは
辻堂駅西口や茅ヶ崎駅北口、香川駅で配布します。ご興味ありましたらよろしくお願いします。
(あ、サイトにも掲載します)

新しいチカラでどんどん空気を入れ替えていきましょう!

Continue reading...

1月末の朝は辻堂駅西口

皆様こんにちは。

今朝も寒さが身に染みるグッドモーニングでしたね。
なるべく邪魔にならないように駅頭に立っておりますが、厚手のコートに身を包まれながら皆さん「おはよう~」とお声をかけてくださいましてありがとうございます。
本日の朝は永田てるじ県議も同じエリアでの駅頭活動をされていました。
永田氏とは先日1月28日(土)の市民集会の会場でお会いしていたものの、あいさつ程度でなかなか話をする機会がなかったのですが、今朝は少しだけ話も交わすことができました。そうそう私の場合、小1の息子の朝ごはんと送り出しがあるので、大体終わりは7時15分までと駅頭時間も短いのですが、今日も素敵な1日のスタートでよかったです。

先週から子育て世代向けバージョンのビラも配布しています。
今日の駅頭で気づいてくれた方!ありがとうございます。

川口ふじこ 茅ヶ崎をアップデート
子育て政策ピックアップ 政策ビラ 討議資料 kawaguchifujiko.info

永田県議、パワーアップ神奈川のスローガン!”良いですね~。県政報告も拝読しました。

私は「茅ヶ崎をアップデート!」で引き続き精進してまいります。

Continue reading...

市民集会 1月28日報告&徒然

2023年1月28日(土)は松林地区の市民集会でした。

城田副会長の開会の言葉にはじまり、午後3時より松林公民館で行われました。

今回のテーマは「地域の絆」が大テーマで、市に対する要望事項として、
①自治会加入率の低下に対する施策の検討
②子ども会について
が各委員、部員から発表がありました。
また、報告事項としては、菱沼自治会長より災害時の自助、共助についてやブロック塀緊急調査報告など「生活安全対策における自治会の役割」と題して発表がありました。

今回は「自治会加入率低下」の件について書きます。

①の自治会加入率低下については、年々高齢化が進み、空き家や介護施設への移動、未加入者の増加(新興 住宅地、集合住宅の未加入問題)、退会者の増加(高齢による役や会費の負担を理由に)が近年特にいわれている問題です。
災害時の自助・共助は自治会内の連携こそが重要で、そのあとに公助がきます。ここの理解を住民同士が理解を深めなければ始まらない問題です。

今回の発表では、「自治会において行事等を通じて会員の交流を深め親睦を図るとともに行政の情報提供を効率的に周知する環境を構築」「行政指導による防災対策を会員全員が把握し災害時や緊急時に役立つ訓練を行う」といったことをもとに、市側(行政)に【自治会加入促進に関する支援】を要望しました。自治会単独で加入促進を行うには限界があるということを背景に検討事項としてお願いするといったことでした。

市側の回答としては、ここ最近、自治会加入促進に向けた策として市民課へ来庁の方へアンケートを実施し、自治会活動に対する意識調査を行ったそうです。その結果、自治会は重要だと感じる一方でそれぞれのライフスタイルがあり、加入していない、加入しないといった回答があったほか、自治会の活動がよくわからない、といった意見もあったということです。こうしたアンケート結果を踏まえ、今後の策としてはわかりやすい解説付きの【自治会加入促進チラシ】を配布するといった話がありました。

・・・どこの自治会でも近年非常に悩ましい問題となっていますね。
原因は役の負担の重さ、令和になっても昭和のままの運営や活動を行っていることにも起因があるとも思われます。定年延長や住民の取り巻く環境の変化で今後、担い手不足はより深刻化するとも想定されます。私も自治会の役割について、かな~り昔、何をやっているところだろうとか重要な役面を担うのは働きながらはキツイなーなどと思っていたこともありました。

でも!確かに自治会は必要な共同体です。

まずは、自治会が何をしているところなのか、その「知る」というきっかけが必要ですね。また、共働き世代が益々増え、活動も参加できないといったこともありうるときにどのようにその間を埋めるのか。時代に合った仕組みや「昭和から令和バージョンへのアップデート」が必要だと思います。インターネットからの申込みや行政側に各自治会への入り口的な専用ポータルサイトを制作してもらう、市内の不動産会社さんなどに上記のような自治会加入促進&紹介チラシ配布にご協力いただく、、、などが良いと思います。また、他県他市での成功例を参考にするのもいいでしょう。そして、なんといっても、自治会長や主要な役の方には少しでも報酬があるべきかなと思っています。

自治会活動を大切に思う方が多い一方で、地域で交流するきっかけを得られずにいる方もいます。

あたたかな地域の交流、季節の祭事、憩いの場所、親子のコミュニティ参加等を知ってもらい、参加するきっかけを作る、、、継続した取り組みとアップデートが必要です。

2023年1月28日 松林地区まちぢから協議会 市民集会 川口ふじこ 川口富士子
他市の成功例を把握しているか、今後の具体的施策についての展望、担い手不足について質問したところ、例えば「退職したOB」へも自治会の担い手として積極参加の周知をしているそうです。


Continue reading...

出初式に行ってきました

出初式に行ってきました!

晴天の中での開催!今年の防災は幸先がよさそうな気配が漂います。
午前9時30分からの出初式は、

第1部では、消防車両の行進、式典。
第2部では、茅ヶ崎古式消防保存会による「まとい振り込み」「はしご乗り演技」や救助部隊演技、消防団による一斉放水が行われました。
レスキュー隊員(特別救助隊)の皆さまは本当にカッコよかったです。

令和5年 茅ケ崎市出初式 式典 永年勤続表彰など kawaguchifujiko.info

総合体育館内外での開催。天気も良く、市民の方も多くいらっしゃいました。

梯子の先端で行う演技「肝つぶし」「しゃちほこ」「腹がめ」はまさにヒヤッ。見ているこっちがゾーッっとしてしまうほど。
人々の声が上がって会場を盛り上げていました。

「自分たちのまちは自分たちで守る「消防団員はそれぞれの仕事を持ちながら、という使命感のもと消防団員の方は昼夜を問わず幅広い活動をしています。
。仕事始めとなる出初式、市民が実際を見られるのは3年ぶりの開催で最初から最後まで見られてよかったです。地元消防団の方へ挨拶もさせていただきました。

纏 まとい kawaguchifujiko.info 川口ふじこ 出初式23

今年1年、無災害を祈り、防災意識をもって生活しましょう。

出初の起源は江戸時代に遡ります。「明暦の大火」の後、江戸に「定火消」制度がつくられ、1659年1月4日、定火消が上野東照宮で「出初」を盛大に行ったのが起源といわれています。現在でも火消し姿の隊員が、纏を持ち梯子の上でパフォーマンスを行うのも、ここに理由があるようです。

茅ケ崎市出初式 ワクワク 2023年1月8日 川口ふじこ kawaguchifujiko.info
3年ぶりの開催!最初から最後まで見られてよかったです。

Continue reading...